今宵は月と花と夢語りと・・・
当ブログは、MMORPG「エミル・クロニクル・オンライン」のプレイ日記というか、なんていうかそんな感じのものです、たぶん・・・。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/11/18(日)   CATEGORY: ECO
それはいつかの想いで語り~閑話~
アル>さて、かなり話込んでしまったか・・・





アル>お嬢、俺が知っている話は此処までだ。

マリセ>私が聞いている話とはまったく違う・・・。

本宅の爆破が元で、お父様もお母様も死んでしまったって聞いていたのに・・・。

アル>それはおそらく、お嬢の祖父、トルディバル卿の思いやりだろう。
冒険者として活動し、冒険の末に行方不明になったと言えば、
お嬢は間違いなく冒険者の・・・奥様と同じ道を辿るんじゃないか・・・そう考えたんじゃないか?

マリセ>ねえ、アル。お母様達はその遺跡に向かって、その後は何もわからないの?

アル>皇の話では・・・奴が渡した魔法石の発動が確認されてはいるらしい。

マリセ>魔法石?どんな魔法かとかって聞いた?

アル>聞いたが、魔道の知識が無い俺にはさっぱりでな。
要約すると研究中の空間転移魔法らしいんだが・・・・

マリセ>大導師様の研究・・・空間転移って言ったら・・・

アル>未完成の・・・魔法だったそうだ。どこへいくか、ましてどこへいったか・・・。
それすらもわからないらしい・・・。




マリセ>そんな・・・・お父様、お母様・・・・・・。
マリセ苦悩




アル>お嬢。真実がどうあれ、旦那様も奥様も現実にいない。
それは変わらない事だ。
だったら、やることも・・・出来ることも・・・何も変わらない。


マリセ>出来る・・・こと?


アル>どんな気持ちで新生魔法を学んだんだ、お嬢?
初心に帰れ。そして出来る事を思い出したんなら・・・・
やる事だってわかるだろう?









マリセ>・・・・アル・・・・・・・・。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 今宵は月と花と夢語りと・・・. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。